海も山もある福島
2017.07.26

カラフルな車

福島県の東側は海に面しており水産業が非常に盛んです。そして、西に向かって山になり、多くの温泉地で人を癒やしてくれます。このように福島県は、海も山もある欲張りな県と言えるのかもしれません。だからこそ、多くの観光スポットを持っており、レンタカーが安いため、わざわざ車を借りて、その観光スポットを巡る旅をする人がいらっしゃいます。これも福島の楽しみ方になるため、今後、このような選択をする人も増えていくのかもしれません。ともあれ、この海も山もある福島について、少しお話を進めていきます。
■福島の特徴の1つ広大の海と広大な山
福島以外にも、広大な海があり、広大な山がある県は多く存在します。しかし、福島県ほど大きな面積を持っている県は少ないです。福島県よりも広い、岩手県と北海道ぐらいと言ってもよいのではないでしょうか。したがって、他県と比較をしても、様々な資源を持っています。また湖も「猪苗代湖」があり、内陸部でも水産業が盛んになっているという特徴が。特に猪苗代湖は、観光名所の1つとなっており、様々なイベントを用意して観光客を楽しませてくれています。
■その特徴を楽しむことが福島県を楽しむ鍵を握る
先程、広大な海、広大な山があることが福島県の特徴と伝えました。そしてドライブなどレンタカーで福島を楽しむとなったとき、この特徴をしっかりと理解をして計画を立てることが大切になります。ここまでの文章で「何を言っているのか分からない…」「何を伝えたいのか分からない…」と混乱をしているかもしれません。伝えたいことは「山を楽しむのであれば山を」「海を楽しむのであれば海を」…このようにどちらか一方だけを楽しむ計画を立てなければならないということです。理由は単純で「広大だから」です。あまりにも大きな県のため、欲張ってあれもこれもとドライブコースなどに取り入れたら、とてもではないですが回りきれません。数日間の日程で福島を楽しむであれば「初日は海、2日目、3日目は山」のようにきっちりと分けたほうが効率よく楽しむことができるということです。もちろん、効率よく回ることだけが旅の楽しみ方ではないため、必ずしもこれが正しいというわけではありませんが。ともあれ、少しでも多くの観光スポットを回りたいのであれば、こういった計画がよいですという提案になります。
また、福島には「旨いもの」が非常に多い地域でもあります。有名なところだと、喜多方ラーメン、米、果物、馬肉、そばなどです。これらも合わせていくことで、より福島を楽しめると言えます。

▲ ページトップへ