積雪量は全国屈指!
2017.07.26

白い車

山が多いということは、それだけ積雪する量も多くなります。北海道、岩手、青森、秋田、新潟、山形など、名だたる豪雪地帯がありますが、福島も積雪量は負けてはいません。むしろ北海道以外には勝っているのでは?と思えるほど、とにかく雪が多いです。結果、雪に関する事業も活発(スキー場や温泉)で、雪祭りが毎年行われるのも理解することができます。ともあれ、この積雪量と福島県にまつわるお話をしていきます。なかなか面白いデータもあるため、ぜひ一読をして知識を身に付けてもらえれば幸いです。
■広大な山がある地域であり雪の量は非常に多い
先ほど冒頭で豪雪地帯の積雪量に関するお話をしました。実際の順位は、1位が山形県、2位が新潟県、3位が秋田県、そして4位に福島県となっています。これを見て「4位なら別にそんな凄い量ではないのでは?」と感じてしまうかもしれません。しかし、福島県にはちょっとしたハンデを背負った数字になっているとご存知でしか?それが、小名浜市も積雪量観測の対象だったからです。この小名浜市は福島県の中でも有数の「雪が振らない街」になっています。結果、大きく積雪量の平均を下げてしまい4位に甘じているというわけです。ちなみに、積雪量が多そうな北海道は…8位と意外に積雪量は少なめとなっている状況です(観測地点の兼ね合いもあって、このような結果になっているのかもしれませんが)
■雪化粧をした山々はとにかく神々しい
とにかく福島という地域は、山々が多く風景が美しいです。例えば紅葉のシーズン。紅葉の景色を楽しめるポイントが非常に多く点在しています。例えば、土湯峠だったり、不動沢橋だったり、そして夏井川渓谷など。挙げたらきりがないほどです。そして言い方を換えると、この手の絶景ポイントは、イコール雪化粧を楽しむ絶景ポイントにもなるということ。これを見て回るというのも風情なドライブコースになるといえます。
■雪道をドライブしながら温かい温泉に浸かる楽しみ方がある
そして福島の豪雪を逆手にとって楽しむ方法があります。もちろん、ウィンタースポーツもその1つになりますが…温泉を楽しむというのも、1つの楽しみ方です。冬場…福島県の山奥…極寒の寒さになっていることは間違いありません。そんな真まで冷えた身体で、温泉に浸かったときの気持ちよさは、まさに極楽です。そして、露天風呂に入れば、雪化粧となっている山々の景色を楽しむことができるわけです。福島の積雪量が多ければ多いほど、こういった楽しみ方に箔が付くため、大歓迎といったところでしょう。

▲ ページトップへ